吐き気や嘔吐について

吐き気や嘔吐について

がん治療をすると抗がん剤の影響や体調の変化によって吐き気が起こったり、嘔吐してしまったりします。

この吐き気や嘔吐をなるべく起こさないためにいくつかの簡単なコツがあります。

基本的には胃に負担がかからないものを選んで食事をするということです。

一般的に考えられる負担がかからないメニューでも良いですし、考え方としてはやはり薄味のものが結果的に良いと思われます。 あまり濃い味や刺激はその時は良くても食後胃がむかつくようです。

また、一回に食べる食事の量を減らしてこまめに食事をするのもひとつの方法です。

当然食べる時は良く噛んで食べたほうが良いですし食後は横にならずに起きて動くとか、休む時は椅子に座るようにします。

なんとなく具合が悪い時は水分補給の時、刺激のあるものは避けます。熱すぎたり冷たすぎるのもよくありません。

水分自体の摂取は積極的に摂取したほうが良いです。

一番大事なのは、薬の飲み方や自分の状況を詳細に看護師さんや医師とこまめにコミュニケーションをとることが大切です。