糖尿病とがんの関係

糖尿病とがんの関係

糖尿病になるとがんになるリスクは高まるのでしょうか?

答えはNOです。

あくまでも統計的には顕著に糖尿病の患者の人ががんになる関係はないそうです。

しかし、重度の糖尿病はすい臓に負担がかかりすい臓がんのリスクは高まるのは認められいます。

もちろん絶対的に糖尿病がすい臓がんになるとは言い切れないですが、すい臓に負担をそうとうかけているということは 間違いなく癌化へのリスクはあるといえそうです。

他のがんのリスクも糖尿病が進めば、全身の疾病が起こり当然免疫力が落ちてきます。

これは癌リスクの最もな原因のひとつでありそれに加えストレスや各臓器の負担が重なった時に癌のリスクが高まるのは ど道理といえます。

直接的に糖尿病ががんリスクになるとは言い切れないもののやはり長期的に見て気をつけないといけない要素といえるでしょう。